拝啓、代々木上原より

SNSど素人が脳の活性化のためにはじめた記憶帖

「太陽の家」- ハレアカラ・サンライズ

マウイ島へ行ったら必ずすること --- ハレアカラで朝日を見る!

3amに起床、暗い山道をドライブして、5am頃までに山頂へ到着。その後、ベストスポットを求めて、朝日が昇ってくるまでひたすら外で待つ。風も強くとても寒いので、夏でもダウンジャケットや手袋、ホカロンなど防寒グッズは必須。未準備で来てホテルのバスタオルにくるまっている観光客も多いが、かなり悲惨…

(季節にもよるが)6am少し前くらいから空がじわじわと赤くなってくる。どこからかハレアカラの歌(?)が聞こえてくる。そして太陽が顔を出し始めると、一気に気温が上がり、ものすごいパワーを浴びる。「神々しい」という言葉がどんぴしゃな瞬間。眠くても、寒くても、訪れる価値のある「太陽の家」=ハワイ語ハレアカラ


f:id:hanamaui77:20180916170728j:image

f:id:hanamaui77:20180916170723j:image

f:id:hanamaui77:20180916170726j:image

 

帰りは「クラロッジ」でエッグベネディクトの朝食♪ そしてラベンダーファームに寄り、眠気maxでビーチでお昼寝~。


f:id:hanamaui77:20180916172650j:image

f:id:hanamaui77:20180916172652j:image

f:id:hanamaui77:20180916172655j:image

f:id:hanamaui77:20180916172714j:image

f:id:hanamaui77:20180916172712j:image

f:id:hanamaui77:20180916172709j:image

行ってみたい!シリーズ - サンセバスチャン(スペイン)

ヨガ帰り、八幡から上原に向かって歩いていたら夜風がとても心地よく、秋が来たなぁと実感。

が…猛暑で夏バテしていた虫たちも活動を再開したようで、蚊に食われるわ、網戸の隙間から小さい虫がたくさん入ってくるわ、道端でゴキさん見かけるわ…特に夜は油断ならない今日この頃。

---

先日の米倉さんと安住アナのぴったんこカンカンを見て、とっても行きたくなった街「サンセバスチャン」。

1998年以降日本-スペインの直行便はなかったが、2016年からイベリア航空が成田-マドリード間のフライトを再開(現在週3便)、2018年10月から週5便となるので、スペインにも行きやすくなる。

世界有数の美食の街として知られるサンセバスチャンはスペインの北東に位置する港町。マドリードからは電車でもバスでも5時間以上かかるもよう。フランス寄りなので、パリからフライトがいいのかな。

サンセバスチャンに行ったら、旧市街でバル巡りを楽しみたい!おつまみのピンチョスも豪華で、ワインやシードラ(いわゆるシードルより酸味が強いらしい)も美味しそう。現地のバルでは、客が紙ナプキンや串などのゴミを床に捨てるのが習慣らしい。床にゴミがたくさんあるのが客がたくさん来た証拠、つまり人気店のしるしだとか、なるほど。

目が覚めるタマゴサンド & 安室ちゃん、お疲れさまでした

秋になり、ベットから出られない。結局、春夏秋冬出られない…

朝起きて一番にやること。コップ一杯の水を一気に飲む。まだ目が開かないzzz
そして、お湯を沸かして紅茶を入れる。ようやく目が開いてくるzz
それから、会社に持っていく朝食用のサンドイッチ作り。なんとか起きた、おはようございます…

最近はもっぱら、タマゴサンドかジャムサンド。カラダづくりのためには、タンパク質たっぷりのタマゴサンドが良いみたい。
- タマゴサンド = ゆで卵(やわらかめ) x マヨネーズ x 塩 x 「カレー粉
カレー粉少々がアクセントになり、目が覚める!

- ジャムサンド = 実家の手作りジャム x クリームチーズ

寒くなったら、カフェオレも仲間入り。石田ゆり子さん流に優雅なハンドドリップが理想だけど全く時間がなく、牛乳にインスタントコーヒーを入れてレンジでチン、仕上げにシナモンとラム酒を軽く落として出来上がり。

そして、身支度やらなんやらで…あっという間に2時間?!ボケボケしてるとまた遅刻、急がねば、汗

f:id:hanamaui77:20180918225207j:image

(追伸: 安室ちゃん、本当にお疲れさまでした。昨日の特番で涙、涙、涙。可愛いし、パワーあるし、今さらだけどもっと見ていたかった。久々にカラオケ行きたいー。やっぱりクリスマスの定番『Love Story』と『White Light』が好きだなぁ。香里奈田中圭の「私が恋愛できない理由」もこの歌を聴くと見たくなるー。秋からまたキュンとするドラマ始まらないかしら。)

癒しのタスマニア

タスマニアから一時帰国している叔母と銀座の「Rose Bakery」でランチ。最近の銀座はどこも大混雑だけど、こちらのカフェは比較的入りやすい。お気に入りはエッグベネディクト!食べ過ぎた、、、


f:id:hanamaui77:20180917151348j:image

f:id:hanamaui77:20180917151351j:image

f:id:hanamaui77:20180917151344j:image

 

---
叔母がタスマニアホバートに移り住んでかれこれ20年以上が経つ。バリキャリで語学堪能、そして運動もしっかりしているのでとにかく若い!!海外で生き生きと働く叔母からはいつも元気をもらう。

日本とオーストラリアの時差は現在1時間、フライトはシドニー経由で最短でも13時間と意外と遠い。
数年前仕事とプライベートが同時に立ち行かなくなり、2週間ほど叔母宅に逃げ込んだ。タスマニアは空気のクオリティがピカイチで、乳製品やワインにも恵まれた土地。未開の自然と美食のおかげで心身ともに浄化され、帰る頃にはすっかり元気に(^ ^) 疲れたときには自然が一番!

- Tasune Airwalk


f:id:hanamaui77:20180917233824j:image

f:id:hanamaui77:20180917233821j:image

f:id:hanamaui77:20180917233827j:image

- Hastings Caves


f:id:hanamaui77:20180915193228j:image

f:id:hanamaui77:20180915193230j:image

f:id:hanamaui77:20180915193225j:image

- Bicheno (野生のペンギンが見られる)

f:id:hanamaui77:20180915192845j:plain
f:id:hanamaui77:20180915192922j:plain
f:id:hanamaui77:20180915192817j:plain

- East Coast Natureworld


f:id:hanamaui77:20180915193255j:image

f:id:hanamaui77:20180915193308j:image

f:id:hanamaui77:20180915193305j:image

- Salamanca

f:id:hanamaui77:20180915192650j:plain
f:id:hanamaui77:20180915192741j:plain
f:id:hanamaui77:20180915192709j:plain

入浴のススメ

季節の変わり目、夏の疲れがじんわり出てくる頃。

そんなときこそ、お風呂に入ろう~!
週に1回湯船につかるだけでも絶大なリラックス効果あり。脚のむくみもとれる。38~40度の半身浴がおすすめ。寒いときは肩にタオルをかけるなど冷えないように注意。
本を読んだり、TVerでドラマを見たり、音楽を聴いたり…15分を過ぎたあたりから汗がじわじわ。入浴中の水分補給もお忘れなく。

<バスタイムをさらに楽しくするアイテム>
- 入浴剤:さら湯より入浴剤を入れた方が保温・保湿効果が高い。肩こりがひどい時は「きき湯」、香りを楽しみたい時はKneippの「ローズ&カメリア」など気分によってチョイス
- 頭皮マッサージ:湯船の中で頭皮エステを使ってマッサージ。髪の健康のためには定期的な地肌マッサージがgood!
- ボディスクラブ:色々試した結果、Clarinsのゴマージュが一番使いやすく愛用中。お肌すべすべ♪
- ボディクレンザー:AesopのNo.11ゼラニウムの香りが最近のお気に入り。シャワー後も浴室にふわっと香りが残りリラックス効果大


f:id:hanamaui77:20180903205723j:image

f:id:hanamaui77:20180903205728j:image

f:id:hanamaui77:20180903205726j:image

Boston Reunion - ボストンの記憶

ある日「Boston Reunion」というLINEグループに招待された。ボストン時代の同居人Mが近所に引っ越してきたので、Mの学友Kくんも誘って久々に集まることに。Kくんとはかれこれ17年ぶり?!ご結婚され、立派に2児の父!Mも結婚、そして諸々あり…、フラフラしてるのは私だけか、やれやれ、笑。

Mは2ヶ月に1度海外へ行くという旅行ツウ。最近行ったマルタ島は、海もきれいでご飯も美味しく最高だったとか。地中海かぁ、いいなぁ~、と妄想しまくり。次回はKくん宅に集まろうという話で盛り上がり、同窓会はお開きに。

---

「ボストン」はハーバードやMITなど有名大学が集まるアカデミックな都市。ニューヨークほど大きくないが、美術館やレストラン、ショップがほどよくあり、極寒の冬を除けばとても暮らしやすい。パリのセーヌ川やロンドンのテムズ川のように、チャールズ川が街の象徴となっている。

かつて約2年の時を過ごしたイタリア街、ノースエンド。港からも近く、朝から晩までイタリア料理の香りがただよう陽気な街。しばらくぶりに昔住んでいたアパートを訪問したときのこと。エレベーターがないので、4階まで重いスーツケースを運ぶのに苦労したこと、地下の洗濯室まで何度も行き来したこと、日当たりのよいキッチンで朝食を食べるのが楽しみだったこと、いろいろな記憶が蘇る。レンガ造りのアパートは15年以上経っても何も変わらず。


f:id:hanamaui77:20180909230221j:image

f:id:hanamaui77:20180909230223j:image

f:id:hanamaui77:20180909230225j:image
f:id:hanamaui77:20180909225628j:plain
f:id:hanamaui77:20180909225710j:plain
f:id:hanamaui77:20180909225751j:plain


ボストンで好きな場所は「イザベラ・スチュワート・ガードナー美術館」。芸術家のパトロンとして著名な米国人イザベラの個人コレクションが飾られた邸宅美術館。この美術館は1990年に起きたフェルメールレンブラントの絵画盗難事件でも有名。絵画は現在も見つかっておらず、絵のない額だけが今でも展示されている。邸宅内の中庭がまた素晴らしい。


f:id:hanamaui77:20180901224035j:image

f:id:hanamaui77:20180901224037j:image

f:id:hanamaui77:20180901224040j:image

 

こちらはおすすめのチョコレート屋さん「L.A. Burdick Handmade Chocolates」。ボンボンショコラやホットチョコレートが地元の皆さんにも人気。


f:id:hanamaui77:20180907145557j:image

f:id:hanamaui77:20180907145604j:image

f:id:hanamaui77:20180907145600j:image

 

Isabella Stewart Gardner Museum  - https://www.gardnermuseum.org/
L.A. Burdick Handmade Chocolates - https://www.burdickchocolate.com/

郷に入らば郷に従え?

採用の仕事って難しい、でも面白い。

オファーがacceptされたときは毎回「わーい!」となり、自分が採用に関わった人材が活躍している姿を見るのはとても嬉しい。

最近はこれまで力を入れていたジュニア層の採用が落ち着いたため、経験者層のヘッドハンティングを始めた。

リクルーターの仕事は、良い人材を発掘し、会社をアピールし、採用に繋げること。営業活動と似てる部分も多い。ただ、会社全体のことはある程度把握しているものの、チームごとの商品や営業戦略の細部までは語れないので、細かいことを聞かれたらどうするか…と毎回緊張。

スマートな経験者の皆さんはヘッドハントに慣れており、そんなこと百も承知。私が答えられないようなことを聞いてくるのではなく、その方が積んできた経験や知識をとても分かりやすく話してくださる。知らない世界の仕事の話を聞くのはとても興味深いし、為になる。(たまに、やや意地悪な専門用語尽くめの質問をしてくる人もいるが、その辺はスルー。)

しかしながら、こういう上司がいたらいいな、一緒に働きたいな、といくら私が思っても、non-Japaneseの上層部が気に入らないとなかなか話が進まない。non-Japaneseの皆さんは、「日本って○○だよね」と口では分かった風に言うけれど、実際は「米国人版日本人(語学堪能、超アグレッシブ、緊急時でもno prob, no worries!!)」のような人材がいるといまだに信じている。

日本で本格的にビジネスを拡大したいなら、「欧米や他のAPACでは成功してるのになぜ日本ではできないんだ?とにかく売ってこい!」ではなく、まず日本市場を研究し、日本語のwebsiteも充実させ、人材にも初期投資して、さらに上層部自身も日本で生活してみるなど、郷に入らば郷に従えをしないと難しいと思うのだけどなぁ。これが成功する外資と伸び悩む外資の違いか、、、歯がゆい今日この頃。